« 2007年2月25日 - 2007年3月3日 | トップページ | 2007年3月11日 - 2007年3月17日 »

2007年3月4日 - 2007年3月10日に作成された記事

2007年3月 9日 (金)

VIVA! 女友達

水曜日に久しぶりに20代の頃は毎日会ってた女友達が集まりお誕生日ディナーをしました!

なかなか会えるチャンスがなくて、半年以上会ってない友達と久しぶりに話ができたりして本当に楽しかった!

しかも30半ばの女性が集まるということで、取りまとめてくれた友達がチョイスをしたレストランはなんと麻布十番にある「アンチエイジング レストラン」。

前菜からお豆、お野菜、お野菜。イカのスパゲッティー、鶏の炭火焼という大変ヘルシーメニュー!バースデーデザートは勿論ビタミン沢山のフルーツ山盛りのお皿!ツワリ後、初めて家族の付き添いなしでの外食だったけれども、このヘルシーフードのお陰ですっかり美味しくリラックスして完食!!!

Bd_cake 本来は今週お誕生日のお友達のBDディナーだったんだけども、サプライズで来週ぞろ目を迎える私のお誕生日までお祝いをしてもらい感無量!!!

不思議なことに心を許して話し合える友達は、ブランクがあっても幾つになっても全く問題なく入り込める。

そしてブランクの時間を必死でキャッチアップする必要もなく、なんてことない話をして最高な時間が過ごせてしまう。

それがとても心地よく感じるのが「心許せる友達」なのかも(^-^)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年3月 8日 (木)

家政婦キラーのママ

最近家の親ネタが多いが、

我が親ながら本当に二人とも個性溢れるキャラクターなのです。

ちなみに、前回お話したハンサムパパのお顔は、目の下がブルドッグ状態になって皮膚が重力で落ちていた分、視野が広かったのに今はすっかりリフトアップされて頬が上がったことで若い頃の視野に戻って視野が狭くなった。といってます。っていうかどんだけブルドッグ状態になると視野が広がるんだ?!と思うが細かい手術をしている父には微妙な変化も感じ取れるのでしょう・・・

ハンサムパパのブログはコチラを参照⇒http://drllius-lab.cocolog-nifty.com/medicalbeauty/2007/03/post_68a9.html

でもって、話は本題に戻りますが続いて本日は家の母親(ドクター劉)の面白キャラを公表しちゃいます。

我が家には私が生まれた頃から常にお手伝いさんがいました。小学校高学年までは10代の若い女の子が住み込みで花嫁修業を兼ねて家事のお手伝いをしてくれていて、私が中学に入った頃には住み込みのお手伝いさんから切り替わり家政婦のおばさんが毎日お手伝いにきてくれていたのです。

私が15歳の頃、芦屋から東京へお引越しする時に母が沢山いらない洋服などを当時いた家政婦さんに分けていたのですが、中にはエルメスのブラウスやら色んな高級品があったみたいで、引越し最終日に家政婦のおばちゃんは;

「奥様!今日は最後の日なのでオシャレしてきました!」といって引越し手伝いに来てるのに母からもらったエルメスのブラウスを着てお手伝いに参上したのです。

そして、汗だくでお手伝いをしてくれ私たちが伊丹空港へ向かう車に乗り込み発車したときに涙を流して

「奥様~~~~~~!!!!!涙涙涙」

と叫びながら車の後ろを追いかけてくるエルメスのブラウスを着た家政婦のおばちゃんの姿が今でも目に焼きついています。

東京に引っ越してきて、初めてのマンション暮らし。ご想像通り母は管理人さんからこよなく愛され、いつも他の住民より良い待遇を受けています。

そして、現在実家に月2回きている家政婦さんがいるのですが彼女からも好意を寄せられ、個人的な悩みとかを打ち明けられたりしてなんだか本気で相談にのってあげたりしているようです。

これぞ「家政婦キラー」!!!!

そんな母を子供の頃からみていて、人を顎で使ったりせず常に対等な立場で心を込めて誰とでも接する我が母をとても誇りに思います。

そして、今は患者様とのカウンセリングはじっくりゆっくりをモットーにしている母の医師としてのポリシーは主婦時代からの彼女のあり方からうまれているものじゃないか。と・・・

どこに行っても家政婦さん・管理人さんをすっかり虜にしてしまう我が家のママの魅力。謎です・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 5日 (月)

恵まれた環境

これから子供ができると思うといままで考えなかったことを沢山考えるようになってきました。「住む環境」はその中でもとてもプライオリテイーの高い課題です。

私が生まれ育った芦屋という町は、山と川に挟まれて

お家の横には小谷が沢山あったのでランドセルを置くと子供たちで日が暮れまで小谷で遊んだり、捨て猫をこっそり飼ってお家を作ったり、近所の公園で近所の友達と遊んだりしてアウトドア派ではなかった私でも常に外で遊んでいた子供にとってはとても恵まれた環境で幼少時代を過ごした記憶があります。

都会の子供たちはどんな遊びを今してるんだろう?

山とか川とか小谷とかないんだけど、どこで遊んでるんだろう?

結婚してから引っ越した今の町は都会の喧騒から離れた自然に恵まれた環境です。

移り行く四季を堪能したり、子供が駆けずり回る公園で日向ぼっこしたり、これからの時期は満開の桜を見ながら川辺を散歩したり・・・

先週の日曜日は晴れて暖かくて散歩せずにはいられない天気!

そこで、近所の川沿いを歩いて公園をゆっくり散歩してるときに撮ったショット。

見えるかな?ミドリ亀、川辺で日焼け中?!

P1010802

子供たちが遊ぶ公園で近所の子達の自転車。こんな風景都会の公園じゃあんまりみあたらないよね?

Photo_40 

こんな恵まれた環境がまだまだ東京都内にあると思うと

東京も捨てたモンじゃないな~♪と思う今日この頃です。

| | コメント (0)

« 2007年2月25日 - 2007年3月3日 | トップページ | 2007年3月11日 - 2007年3月17日 »