« 2006年7月23日 - 2006年7月29日 | トップページ | 2006年8月6日 - 2006年8月12日 »

2006年7月30日 - 2006年8月5日に作成された記事

2006年8月 2日 (水)

親と子のリレーションシップ

今日奈良放火事件の少年と父親の記事がニュースに出ていました。↓

初めてこういった事件の記事を読んで泣きそうになった!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060802-00000024-mai-soci

この記事を読んで、「親と子のリレーションシップ」を改めて考えさせられました。長男で医者の息子として生まれて、厳格な父親に自由を奪われながら思春期の感受性の高い時期を乗り越えられず爆発してしまった少年。

なぜか一般的に医者の両親は「蛙の子は蛙。」と信じてる人が多いんだけども、それは医者の世界しかしらない大人たちのエゴで、その事実に気が付かないまま子供をパンクさせてしまう親はきっと沢山いるだろう。親はきっとその道が一番「安心、安全」と思ってるけどもそれは親にとっての「安心・安全」であって子供にとっては親のエゴを一身に受けようと必死なんだと思う。そして、医者の親はその道しかしらないので他に与えてあげるチョイスがあることも知らずに、この父親はスパルタで賢明に息子を医者にならせようと彼なりに頑張っていたんだとは思うんだけども。。。高校生位だと「親の言いつけが絶対」と信じているところがあるので、逃げ場がなくなって心の叫びが爆発した結果がこういうことだったんだと思う。大学終わる頃になると自我が明確になって主張ができるようにもなってくるんだけどね。

この記事を読んで、この父親は息子によって人生観を見直させられて、この事件によって「面会」という形で初めて父と息子の心に触れ合った瞬間なのかも。と思うと彼の表現方法は過剰だったけれどもこれからの人生供に同じ罪を背負って生きていく。とうう指名を神様がこの二人の親子に授けたのかな?

これからの将来「医者」を目指す人達は沢山バイトして、社会勉強をしてから医者として自立していってほしいものだ・・・と心から自分の環境と今までの人生を振り返ってしみじみと考えさせられた記事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

ありがとう!カリスマメイクアーティスト山本浩末さん!

Hiromi_ph 男性陣はご存知ないかと思われますが、女の子たちの間では現代の3代カリスマヘアメイクアーティストといえば、藤原美智子、山本浩未、西山舞といったカリスマ的存在のアーティストがいます。

そんな有名でさまざまな化粧品を使っている山本浩未さんがドクターリュズウ ファーミングマスクを絶賛してくださって雑誌でもご紹介してくれました!

Photo_32 今月発売のハーパスバザーでは、毛穴の座談会を美容ジャーナリスト永富千晴さん、そして、私の行きつけのネイルサロンエクセル青山の渡邊季穂さんの座談会ページでテーマが「汗ばむ季節、毛穴と仲良く付き合う方法は?」というテーマの中で、山本さんがドクターリュウズバイタルマスクを絶賛してくれているのです!

これはヤラセではなく、純粋に編集者から連絡があり、「3人のジャーナリスト&アーティストが色んな化粧品を試してその中から良かったものを抜1 粋してディスカッションを行うページで、ファーミングマスクをトライしてもらおうかと思うので、編集部にパックを送っていただけますか?ただ、沢山ある中から選んで頂くので採用されないかもしれないのでご了承ください。」とちょっと強めな感じでいわれて、きっと大手メーカーに持っていかれるだろうと諦めながらも「わかりました。」といって3人分のサンプルを用意。で、雑誌発売数週間前に、「ブランド名の確認をしたいのですが」といわれて、ブランド名を伝えたことで、「あら、採用きまったのかしら?}でも誰が使ったんだろう?と思いながら日が過ぎようとしていたところに、Domani 小学館ドマーニ編集部の美容担当者から連絡があり、「ヘアメイクアーティストの山本浩末さんが御社のドクターリュズウファーミングマスクを推薦されているのですが、商品名とお値段の確認をさせてください。」という新たな問い合わせ。そこでハーパスで山本さんが座談会のメンバーだとは知らず「あの、山本さんの分のサンプルをお送りしたほうが宜しいでしょうか?」と担当者に聞いたところ「え?でも山本さん使ってよかったって言ってらっしゃいましたよ。」との返事・・・??????と思いながら商品名と値段の確認をして電話を切ってから、発売日を待つことに。

Domani_1 そしていよいよ、ハーパスバザーとドマーニの掲載誌をみたらあのカリスマメイクアップアーティストの山本さんが大推薦してくれているではないですか!!しかも「使用した後はかならず顔が締まってると人に褒められるのよ~~。」と!!

ちょっとちょっとこれってばとっても嬉しいはなしじゃないの~~!しかも、彼女は本当に感激して2雑誌にも弊社商品を推薦してくれてる!!本物だわ!と・・・

以前、大手ブランドのコスメをちょこっと担当していた友達から「カリスマメイクアップアーティストに商品を推薦してもらうことがかなり重要なポイントで、化粧品業界はファッションとはちょっとビジネスターゲットが違うために、大手コスメブランドはそのことに命をかけるの。」と話は聞いてたけれどもまさかこんなあっさり彼女の手に渡り、推薦していただけるとは♪いい商品をこだわって作ることに専念していてよかった。と心から思う今日このごろです(^-^)。

山本さんとお会いする日があったら、こんな小さなブランドに目をつけてくれて本当にありがとう。と握手をして手をブンブン振りたい気持ちでございます。

そうそう、秋冬には松田聖子の「泣いてもとれないメイク」をあみ出したヘアメイクアーティストの「嶋田ちあきさん」がドクターリュズウバイタルマスクをご自分のカタログで推薦商品として出してくれるらしい。

今の時期はすっかり秋用の特集に変わっていて編集者達は「美白、保湿」のテーマで動き回ってる様子。でも実際は夏本番はこれからなんだけどね~~。

ということで、今回は嬉しい推薦ニュースでした♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年7月23日 - 2006年7月29日 | トップページ | 2006年8月6日 - 2006年8月12日 »