« 20's Wedding | トップページ | 完全なる自然環境 »

2006年6月15日 (木)

古き良きJALスッチー

昨日、母のお友達の元JALスチュワーデスで今はJALでは「顔」となる方のギターコンサートに母と一緒に行ってきました。

年齢は64歳、勿論招かれている世代もそんな感じです。

64歳の彼女は、少しシェイプアップされてもともとキレイだった顔立ちがさらに凛として、古き良きJALの同僚、先輩、後輩達に囲まれてとても幸せそうでした。

そして、元スチュワーデスだったマダム達の美しいこと!

当時のJALスチュワーデスといえば今よりもずっとずっと入社するのも難しく、美貌と身長と、お家の出 英語力、社交性 等等色んな事を要求されていたはず。その中からより選られてスッチーになれた彼女達は60を過ぎても本当に美しいのです!

あ~~、スチュワーデスという職業が本当の意味での花形職で彼女達にリスペクトを日本中の人達が持っていた時代に働いていた女性達は、時を過ぎても素晴らしい年のとり方をしているんだな。と心から感激しました。

まだ30そこそこの私にはよく把握できなかった「若い時代の生き方」が、60を過ぎたときにこんなに鮮明に出てくるとは思っていなく、ハッ!!!とわれを振かえさせられる大切な瞬間でした。

これから60歳まであと30年。古き良きJALスッチーの方々のように「良い年のとり方」をするために一生懸命今を生きていこう!と改めて心に誓った夜でした。

|

« 20's Wedding | トップページ | 完全なる自然環境 »

コメント

今回乗った某アメリカ系航空会社のスッチーのみなさんは、かなりお年の方もいたようですが輝いていなかったよ・・・。

投稿: kimi | 2006年6月16日 (金) 02時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40392/2228805

この記事へのトラックバック一覧です: 古き良きJALスッチー:

« 20's Wedding | トップページ | 完全なる自然環境 »